●インターネット等で販売されているLED製品は国産の一部を除いて圧倒的に中国輸入製品が多いのが現状です。

そのほとんどが、製造メーカー仕様品で、街路灯・道路照明・トンネル灯・車載用などを船上における実験も検証もせず、無理やり船舶用と販売している為、後々の大きなトラブルになっています。

 

●例えばネットで売られている低価格品は材料は安価なものばかりで製造されています。

 

※容器は再生アルミで不純物が多く含まれ強度も密度も超怪しい。また 鋳造、成型精度は著しく低レベルで

注文数を出荷するためには、製造不良品までごまかし仕上げて数量を確保しています。

 

※LED素子(チップ)は低輝度低価格の3流品で 偽物も多いのは皆さまご存知かと思います。 他の部品もそうです、ICチップとかコンデンサーとか・・・

 (LED寿命は信頼できますか?)

 (仮にLED寿命が信用できても、品質が悪い電源部品が壊れれば修理や交換しない限りゴミと化します)

 

※委託先塗装、酸化処理業者は地元の小さな工場で、ろくな技術も設備も無いような とにかく安く仕上げる

 業者をLED会社は探しています

 

●LED工場における品質の差が大きい

 

※中国の生産基地であるシンセン(深圳)市で作るより、中山市で作る製品は半額で売れると言われています。

同じ格好の中国製品でも価格差が違うのは、同じメーカーのオリジナル製品ではなく、本来の会社の

 製品、模倣製品、深圳市の会社が売ってるが「じつは中山から仕入れている」など、それなりの要因があります。

以前から売られている四角いお弁当箱のようなLED灯は、実際中国でのトンネルや道路用照明で、

大部分は淘汰されましたが、現在でも数百社が製造可能製品です。(同型製品でも品質差異は数百通りに

なります)

ネット販売業者が確実に保証出来る製品を探すのは、もはや口コミを信用するしか手段がありません(サクラも多いです)

 

※製造工程においてはそのほとんどが地方からの出稼ぎ労働者が占め、工程教育、製造品質が未熟で

 ネジ1本締めるのでも、斜め、浮き、未締め、ボルト折れ、それを隠してごまかす。材料も偽ステンレス

 など書いたらきりがありません。

 

●製造業者ならびに販売業者の問題

 

※今では個人でも、単純に輸入すればネット商店などで売ることが可能です。

 全く専門知識が無いのに、他人のサイトの文章をパクって、爆光(低照度)・ノイズレス(実験したの?)

 船舶用(本当?)・防錆/耐震(船や海の専門性ありますか?)

 

 

 

戻る

 

 

 

 

 

LEDスズラン電球&1000w水中灯

LED尖閣集魚灯&1000w水中灯

LED尖閣集魚灯&1000w水中灯

LED尖閣集魚灯&1000w水中灯

LED尖閣集魚灯&1000w水中灯

LED1000w水中灯

LED尖閣集魚灯&スズラン電球

LEDスズラン電球

LED尖閣集魚灯&スズラン電球

LED尖閣集魚灯

LED魁&尖閣集魚灯